岐阜県で生産される緑茶を「美濃茶」といい、西美濃地域の「美濃いび茶」、美濃中央地域を中心とする「美濃白川茶」が二大銘柄として栽培生産されている。

このお茶の産地は西美濃地域の揖斐郡池田町、池田山麓の傾斜地を中心に茶園が広がっている「美濃いび茶宮地生産組合」で2017年4月29日に製造された「めいりょく品種の荒茶」を5月1日に買い付けて自社で磨いて磨いて除去する部位を手作業で外して丁寧に火入れ乾燥(透気乾燥)して仕上げました。
「めいりょく品種茶」とは、交配親は、(母)やぶきた×(父)やまとみどりで作られた1986年に生まれた茶品種で茶農林35号とも言われてます。茶葉は長楕円形で「やぶきた」より細形で大きさと厚みは「やぶきた」よりやや大きく葉色は僅かに黄色を帯びた緑で光沢は「やぶきた」より少ないですね。

香気、水色、滋味いずれも「やぶきた」と同等であるが清涼感のある香りと味は甘くさっぱりしてます。品種名の意味は茶のことを漢語で「茗」ともいい。品種特性の明るい緑という意を含めての命名されました。
ぎふ美濃新茶「めいりょく」
内容量 注文数量 本体価格
100g ¥1,200(税別)
手数料・送料・配送方法について
△PageTop

ぎふ美濃新茶「めいりょく」の淹れ方
1)人数分の湯呑にポットのお湯を注ぎ分け少しお湯を70度〜80度程度まで冷まします。
2)その間に茶葉をティースプーン軽く2杯(5g)を小振りの急須に入れます。
3)湯呑のお湯(約70度)を急須に入れ茶葉が充分に開くまで蓋をして約90秒程静かに待ちます。
4)湯呑に少しずつ静かに注ぎ分け急須にお湯を残さないようにしましょう。

※時間や茶葉の量は目安です。お好みにより調整してください。
名  称 緑茶(煎茶)
原材料 茶(岐阜県・めいりょく品種)
内容量 100g
賞味期限 発送より1年
保存方法 高温・多湿を避け移り香にご注意下さい。お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお飲み下さい。
△PageTop

配送について
1個口に付き 100gの場合は最大4本まで可能
ご購入の際、配送方法で「ネコポス」をご選択下さい。
ネコポスはポスト投函の為、日付指定不可・お支払いがクレジットカード(ヤマトフィナンシャル)・商品代引の場合は対応致しておりません。ご了承下さい。
>>>詳しくはこちらからご確認ください。

△PageTop